イタリア食器

贈答品 - イタリアのピューターテーブルウェア

A紀元前3000年から、ピューターは家庭で食器、装飾品として使用されていました。 今日、コジタベッリーニ社は時代を超え過去のメソッドを使用し続けています。どの商品も、食品に使用する際に関してCEE アメリカ 日本のご要望にかなえるために鉛を含まない合金を使用し、イタリアにおいて手作業で作られております。

私達は、長年、強い感動を与える事が出来る様な商品を作り続けております。それらは、決してシルバーの持ち味ではない、グレーでも艶消しでもない、他とは比較できないものを目指しております。重厚な表情、そして決して暗い印象を与えることのない表面加工を施しております。実用性があるのにもかかわらず、指で触れると心地よく、ベルベッドのような滑らかさが驚きさえ感じさせます。陶器の小鉢や磁器皿との素晴らしいコンビネーションは石鹸水を使う事によって、本来もつ素材の調和を再現するのであります。

テーブルウェアは何世紀にもわたり、ヨーロッパの貴族達が影響されたイタリアの伝統的な正餐の形式を守っております。それらの熱い反映は、豪華な食卓を彩った過去への願望を叶えるのであります。また、私共の装飾品のクラッシックなフォルムは、アンティークな時間のセレクションとなっております。それらは砂時計であったり、本はキャンドルの黄昏た灯り、またはオイルランプで読まれたりという様々な時間の刻みで構成されております。